読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandum UK 2015-2016 → Tokyo 2017

2015年夏より約1年、イギリスのリーズに滞在。滞在中に見たコンサート、舞台の記録を簡単に残しました。目標の100公演には全く届かず。2017年も引き続き東京での観劇/鑑賞記録を残したいと思います。あくまで私的なメモですが、いつかこの情報が自分の役に立つ日が来れば幸い。

006: Richard Strauss Song Series I Johnny Herford

Richard Strauss Song Series I

Date: October 14th, 2015 | Time: 19:30 — 21:30

 

Johnny Herford (baritone) Joseph Middleton (piano)
In association with the Kathleen Ferrier Awards

 

こちらに来て初めての声楽のリサイタル。

思ったより小柄な男性、典型的なリート歌手という雰囲気。

おそらく、技術も声量も悪くないのだろうと思うのですが、この会場が声楽の演奏には向いていないのではという感想を抱く。

 

そんなに声量もオペラ歌手のようにでかい!という感じではないのに、ピアノは全開。

シュトラウスよりもマーラーの作品に心を惹かれました。

 

R. Strauss: Jugendlieder

 Christman Song

 A Winter Journey

 TheWeary Traveller

 Song of the Hussars

 The Song Thrush

 Joy and Sorrow

 

G. Mahler: Lieder und Grsang aus der Jugendzeit

 Hans and Grete

 On the ramparts at Strasbourg

 The Summer changing of the guard

 

R. Strauss Acht Gedichte aus 'Letzte Blatter'

 Dedication

 Nothing

 The Night

 The Dalia

 Petience

 The Silent Ones

 The Meadow Saffron

 All Souls Day

 

Hans Pfitzner(1869-1949)

 The Voice of Longing

 Temptation

 Farewell

 

Ludwig Thuille(1861-1907)

 Solitude in the Forest

 The Silent Town

 

R. Strauss

 Madrigal

 Winter Night

 In Praise of Sorrow

 From the Songs of Mourning

 Homecoming

 

concerts.leeds.ac.uk