読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandum UK 2015-2016 → Tokyo 2017

2015年夏より約1年、イギリスのリーズに滞在。滞在中に見たコンサート、舞台の記録を簡単に残しました。目標の100公演には全く届かず。2017年も引き続き東京での観劇/鑑賞記録を残したいと思います。あくまで私的なメモですが、いつかこの情報が自分の役に立つ日が来れば幸い。

Early Music Festival: Cryes and Teares

Early Music Festival: Cryes and Teares

Date: February 20th, 2016 | Time: 19:30 — 21:30

I Fagiolini, Fretwork and James Johnstone (organ)

 

面白いプロジェクト。

シェイクスピアと同時期に一緒に活動をしていたピアソン。

 

HPから少し彼の紹介を。

Peerson (c1572-1651) was a professional musician, highly respected by his contemporaries and for 25 years Almoner and Master of the Choristers at St Paul’s cathedral during the deanship of the poet John Donne. He was also one of a small number of Trustees for the Blackfriars Theatre Company at the same time as his neighbour William Shakespeare.

 

忘れ去られていた彼のオラトリオの復刻、再レコーディングを目指すプロジェクトの演奏会。すばらしかった!歌手の力量が、、、とかそういう話ではなくて、美しい音楽、共有する雰囲気、とても嬉しい気持ちになる素晴らしい演奏会でした。

 

弦楽器も全て古楽器で、とても刺激的でした。

 

 

 

concerts.leeds.ac.uk