読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandum UK 2015-2016 → Tokyo 2017

2015年夏より約1年、イギリスのリーズに滞在。滞在中に見たコンサート、舞台の記録を簡単に残しました。目標の100公演には全く届かず。2017年も引き続き東京での観劇/鑑賞記録を残したいと思います。あくまで私的なメモですが、いつかこの情報が自分の役に立つ日が来れば幸い。

Jeremy Huw Williams and Paula Fan

Leeds Contemporary Song

Jeremy Huw Williams and Paula Fan

Date: March 4th, 2016 | Time: 19:30 — 21:30

 

 

テノールは背の小さなおじさん!という印象でしたが(しかも、かつら?っぽい感じ)、練れていて安定のベテランの印象。オペラの中で聞くのではなく、こういうリサイタル形式で聞く分には声量も申し分ありませんでした。

過去に60役以上のオペラレパートリーがあるとのこと!素晴らしい。

 

 

現代音楽の世界初演もプログラムに含まれていましたが、そちらは、、、

面白かったけれど、長いし、明らかに練習が足りていなくて、手探り感がすごい。ピアニストが常に譜めくりするたびに迷子になりそうになっているのが、観客から見てヒヤイヤさせる要因だったかもしれません。

声の使い方が、能の発声に似ていて、その点で日本人の私には受け入れやすいものがあったのかもしれません。

 f:id:kimikamuo:20160309095100j:image


concerts.leeds.ac.uk